広告 SNS

Threadsは、マネタイズに最適なアプリになる。【アフィリエイト向け】

最新リリースした「Threads」。このインスタグラムのTwitter版が、マネタイズに最適なアプリということを今回紹介します!

開始2日たった今現在、7月8日に世界で、7000万人の登録がされたとのことです。

日本人がどれくらいこの中にいるかわかりませんが、今後増えていくことは確実でしょう。

でも、ある意見では、

ある人
ある人

lemon8みたいな中途半端なSNSになるんじゃないの?

確かに、threadsは、実際、Twitterのパクリで、threadsがなくては困る!っていう状況ではないので、tiktokみたいな爆発的な伸びは、ほぼ確実にないと思います。

しかし、今後は、マネタイズに最適なアプリケーションになると思っています。

しかも、僕みたいにTwitter系が苦手だった人にはより向いています!

せいや
せいや

僕は文字が嫌いで、Twitterは、見ていないタイプでした。

threadsの強み

今回、threadsは、インスタの連携でアプリを開始できます。

つまり、インスタを絶対にやっている人が登録しているということです。

しかも、インスタでフォローしてくれている人はそのままフォロワー状態です。

投稿すれば、その人たちにリーチしやすいです。

つまり、今まで、アフィリエイトなどで、マネタイズの幅が広がります。(商品販売も同様)

今まで、投稿は見ていたけど、ストーリーは見ていなかった!

なんてフォロワーも、インスタにいるのは事実です。

そこで、ツイート自体にリンクを貼れるthreadsは最強です。

ブログ×SNSで、稼ぎやすいSNSになること間違いなしでしょう。

ツイートにアフィリエイトリンクを貼るだけでは、もちろん商品は売れませんが、ブログを挟んで商品の魅力を伝えることで、十分アフィリエイトでマネタイズは可能です。

現状使いにくい

今の所、

投稿のピン留めができない。

いいねや保存が見返せない(保存がそもそもない)

など、使いにくいですが、今後は、

ハッシュタグ機能実装

ピン留め実装

などなど、Twitterのような使いやすいコンテンツになるでしょう。

それにより、今後よりマネタイズ向けのアプリになるかと思われます。

Twitterで稼いでいる人もいますが、今後も、threadsで、稼ぎ始める人も出てくるでしょう。

発信の仕方は?

文字は、500文字まで、入力ができ、画像も10枚載せられます。

せいや
せいや

インスタは、あくまで画像SNS!

10枚載せれるのがポイント

Twitterでは、4枚しか載せられなかったけど、threadsは、横スライドで見やすい!

こんな感じで、画像を載せられるので、滞在時間も稼ぎやすい!

商品PRにも使いやすいですね〜!

現状のマネタイズ方

アフィリエイトや、自社商品販売が良いでしょう。

アフィリエイトの場合

ブログで商品を紹介するサイトを作る→threadsに投稿しまくる(ジャンルを決めて)

例えば、ブログで美容商品を宣伝しているのなら、美容ジャンルに関する情報を発信することで、美容に関心があるユーザーが、集まってくる。

それで、ブログに美容に興味ある人が流れて、お金になります

せいや
せいや

インスタと連動しているので、インスタと発信ジャンルは同じにしようね!

自社商品の場合

僕の場合、SNSの伸ばし方などの商品があるので、そちらを販売していきたいなと思っています。

ですが、今後、ビジネス系や稼ぐ系のワードは、threadsには向いていないです。

なぜなら、インスタでそもそも稼ぐ系のインスタグラマーはほとんどBANで消えたので、稼ぐ系は、BANされる可能性が今後高いです。

せいや
せいや

BANになる内容に関する記事はこちら

運用するなら、稼ぐ系のジャンルは控えた方が良いでしょう。

最悪、インスタグラムもBANをくらいます^^;(連動しているが故のデメリット)

せいや
せいや

マネタイズしやすいのは、ビジネス系なので、threadsではあまり向いていないかな

まとめ

僕は、今後、threads命!って感じで運用はしていきませんが、threadsの発信はしていきます。

あくまで、ユーザー数は、tiktokやインスタ、LINEの方が多いので、そちらで露出しつつ、コアな情報や、ファンの方に有益な情報をthreadsに載せて差別化を図っていこうと思います〜!

SNSでのマネタイズ方法はこちら↓

-SNS